Getting out of the matrix

Last week, there was a huge fire in a business building, minutes from where I live.


25 people died. 


The man who allegedly started the fire was one of the patients of this mental health clinic, where the patients were working on merging back into the society. (Or the Matrix)


Humanity is going through a metamorphosis (like a caterpillar turning into a butterfly) and I believe this incident was a perfect symbol of what is currently happening. 


Caterpillars can not exist as caterpillars forever. 


They have to first come out of their bodies and transform themselves into beautiful butterflies. 


I grew up in Japan in the 70’s and 80’s where the Matrix was getting ingrained in our lives deeper and deeper. 


It was peaceful enough but I felt a strong calling to leave the society and move to the US where it appeared much more free and people did not seem to expect you to conform and be a certain way. 


I was right. Or at the least, I did not feel the pressure to get a degree, or work for a big company (both of which I did end up doing because I wanted to and not because of some external pressure from others, i.e., my parents).


In a way, when I left Japan, I started my metamorphosis and turned into a butterfly. 


30 years later, I came back to Japan during the plandemic and there was no way that I was going back to the Matrix as a caterpillar. 


Transformational process is not easy. 


But the alternative is much harder and that is becoming more and more apparent now in this new world. 


I truly believe now that these young people who perished in the fire had decided to take the Red Pill. 


And they have now started their transformation.
Their death had meaning. 


It all starts from a decision. 


Then, question everything including your own beliefs. 


And then, see where it takes you. 


p.s. I was inspired to write this blog after I watched Matrix Resurrections and then listened to Ralph Smart this morning https://youtu.be/0xQ_OTilgEM.



マトリックス脱出へ


先週、私の住む大阪の数分の繁華街でビルの火事が起こった。


25人が他界した。


放火したと疑われる男性はそのメンタルクリニックの患者。


そして死亡した多くの方々も社会(マトリックス)に復帰を望んでそこへカウンセリングに来ていた。


人類は今、芋虫が鞘の中で蝶々に変身するような、変態時期を迎えている。


そしてこの火事はまさにそのことを象徴する出来事のように思える。


芋虫は生涯芋虫でいることはできない。


鞘の中で美しい蝶々になるため、体から抜け出さなければならない。


自分は1970年と80年代に日本で育ち、マトリックスの世界にどんどん巻き込まれて行くのを感じていた。


平和で不満も特になかったけれど、自由王国アメリカへの憧れが強く、ありがたいことに高二で移住する機会に恵まれる。


自分の決断は間違ってはいなかった。


アメリカでの暮らしはもちろん楽ではなかったけれど親や社会からの圧力はあまり感じられなかった。


大学と大学院へも行き、大企業で働いたけれど、それは自分がやりたかったから。


外からのプレッシャーのせいではなかった。


日本を離れた当時、自分の変態、成長時期が始まり、アメリカの広大な地で蝶々へと変身した。


30年後の今年、日本へ帰省したけれど、芋虫に返ってマトリックスの世界へまた戻る気は一つもない。


トランスフォーメーション(変態、変身のプロセス)は決してカンタンではない。


でも今の社会に反映するように、変身、成長していかないでいる方が厳しい。


私の思いですが、火事で亡くなった25人はもうレッドピル(マトリックス映画の)を飲もうと決めた人たちで

その人たちのトランスフォーメーションは開始し始めた。


決して無意味な死ではなかったと思う。


全て決断から始まる。


それから全ての概念に問いかける。


もちろん自分の考えや信念も。


そしてどこへたどり着くのかな。


P.S. このブログはマトリックス4を最近観て、ラルフスマートの動画を今朝観て書くインスピレーションが湧いた。