Visit to As One Network (アズワンネットワークを訪問して)

Over 3 days during the “Golden Week” in Japan, we, as a family, visited and toured an intentional community/eco village called As One Network in Suzuka-city of Mie Prefecture. As One Network started its foundational activities including SCIENZ (Scientific Investigation of Essential Nature plus ZERO) School  in 2000 and during the last 22 years, the network has created a lunch box business, farming, research group, SCIENZ Academy, connected with and expanded to Brazil and Korea. It has registered and offer courses as GEN (Global Ecovillage Network) since 2014. 

What distinguishes this community from many others that I’m aware of from research is definitely the integration of SCIENZ method. The community members are first encouraged (not required, I think) to go thru the program at their pace and learn to investigate and discover their own essential nature constantly. From this intention, they interact and communicate with others who are also interested in doing the same.  While meeting many of the community members, it was very apparent that they are always processing their thought in the moment to see if it is aligned with their essential nature or zero before verbalizing it. 

I can’t remember when I became interested in becoming an integral part of a community. I have always felt that I belonged to a community or several communities, be it a family I was born into, neighborhood, several families that I moved into (as a student living with a few different host families, and during the first marriage with my then husband’s family), and as a student at various schools and employee at various jobs. 

I became more interested in consciously and intentionally creating my own community of “like-minded people” or of people with similar values when I opened an acupuncture clinic and a yoga studio.  While I always enjoyed connecting with people with different values and backgrounds, when it came to living and interacting with people on the more daily, frequent basis, I wanted to be with and around those with very similar core value systems. It just felt much easier, fun, comfortable and harmonious that way. During the last 4 years living in Texas, Victor and I also found a spiritual community called Agape, where we connected with many people with similar value systems. 

What As One Network community offered us was this type of intentional community with similar value systems. It just felt good to connect with people whose values are based on the exploration of essential human nature. I truly believe and realize that we are living on this planet to have variety of physical experiences in order to uncover or discover our true spiritual nature that we have been gifted and been born with. As we discover our true essential spiritual nature and align with it, we always feel harmonious and peaceful inside our hearts. 

The name “As One” comes from John Lennon’s song, Imagine, the last line “the world will live AS ONE”. 

The world peace and living as one can not be achieved unless we are living in peace, harmonious, at ease, and as one inside of each of us. This community is created with people who are working, studying and exploring what our true essential nature (Zero) is. How can we be aligned with our own Zero and live As One with others? At SCIENZ School and with its programs, each person is first responsible for their own discovery of Zero and then learn to interact with others from the place of this alignment. This community is essentially a kind of lab experiment to plant the seed of individual and collective awareness and possibility in people to live life As One planetary community. 

Japan is a land of heavy group consciousness and conformity. The phrase “a nail that sticks out gets pounded” perfectly and literally describes the pervasive culture. As I was growing up in Japan, it became more and more uncomfortable for me to conform to these collective behaviors and rules and I was a minor rebel by high school. But luckily for me, I was able to create an opportunity to move to the U.S. at 17 where I felt that I would be much more free and not have to conform to things that did not make much sense to me. Over the next 30 years, I lived pretty much “cage-free”, where I was able to free flow to where I felt most inspirational, joyful and fun without the resistance from others and society at large. 

Japan is definitely not an easy place to live cage-free just yet. But I also know that there are many good values one can learn only from being here such as respect for each other, things, kindness, safety, cleanliness, etc etc. I realize that cultivating our children in Japan is optional. But for now, As One is the type of community in which I would like to experience growth for myself and for our children where they can learn and grow in the home-schooling type environment and in a small group setting with no set curriculum. What’s more important is that they are with the care takers who are like family members who are also discovering their essential nature – because I know that kids can learn more freely what and when they want to learn from their own perspective when there is no have-to’s, should’s or requirements placed upon them. 

I will be going back to the community to attend their one week seminar/workshops next month. Looking forward to learning, discovering myself and connecting more with the community! 


ゴールデンウィークの3日間、私たち家族は、三重県鈴鹿市にあるアズワンネットワークというインテンショナルコミュニティ/エコビレッジを訪問し、見学してきました。アズワンネットワークは、2000年にSCIENZ(Scientific Investigation of Essential Nature plus ZERO)スクールなどの基礎活動を開始し、この22年間で、弁当屋さん、農業、研究グループ、SCIENZアカデミー、ブラジルや韓国との接続と拡大を実現しています。2014年からはGEN(Global Ecovillage Network)として登録し、講座を開催しています。

私が知る限り、このコミュニティが他の多くのコミュニティと異なるのは、間違いなくSCIENZメソッドを統合している点です。コミュニティメンバーはまず、自分のペースでプログラムを進め、自分自身の本質を常に探究し、発見することを学びます(必須ではないと思います)。そして、その意図のもとに、同じようなことに関心を持つ人たちと交流し、コミュニケーションをとっていくのです。 訪問中多くのコミュニティの方々とお会いする中で、彼らは常に自分の思考が自分の本質と合致しているか、ゼロかどうかを瞬時に判断し、言語化していることがとてもよく感じられました。

私は、いつから呆然と”コミュニティの一員”になりたいと思うようになったのか、思い出せません。生まれた家庭、近所、引っ越した先の家庭(学生時代はホームステイ、結婚当初は夫の家庭)、そして学生時代、会社員時代と、常に何らかのコミュニティーに属していると感じてきました。

そして、鍼灸院とヨガスタジオを開業したのをきっかけに、「同じ志を持つ人たち」「同じ価値観を持つ人たち」のコミュニティを意識的・意図的に作ることに興味を持つようになりました。 もともと、異なる価値観や背景を持つ人たちとつながることは好きでしたが、日常的に人と接するとなると、同じような価値観を持つ人たちと一緒に暮らしたい、一緒にいたいと思うようになったのです。その方がずっと簡単で、楽しくて、快適で、調和がとれていると感じたからです。テキサスでの最後の4年間、ビクターと私はアガペというスピリチュアルコミュニティにも出会い、そこで同じような価値観を持つ多くの人たちとつながりました。

アズワンネットワークのコミュニティは、このような価値観の近い意図的なコミュニティを提供しています。人間の本質を探求する価値観を持つ人たちとつながるのは、とても気持ちのいいことでした。私たちがこの地球に生きているのは、私たちが生まれながらにして持っている真のスピリチュアルな性質を明らかにするため、あるいは発見するために、さまざまな物理的体験をするためだと、私は心から信じていますし、そう実感しています。私たちは、自分の本質的なスピリチュアルな性質を発見し、それと一致するとき、いつも心の中に調和と平和を感じるのです。

As Oneという名前は、ジョン・レノンの歌「イマジン」の最後の一節「the world will live AS ONE」に由来しています。

私たち一人ひとりの内面が平和で、調和がとれて、安心して、ひとつになって生きていかなければ、世界平和やひとつになって生きることはできません。このコミュニティは、私たちの本質的なもの(Zero)が何であるかを働きかけ、研究し、探求している人たちによってつくられています。どうすれば、自分自身のゼロと一致し、他者とアズワンに生きることができるのか?サイエンズ・スクールとそのプログラムでは、まず一人ひとりが自分自身のゼロの発見に責任を持ち、その上で他者と自分軸と調和した土台から交流することを学びます。このコミュニティは個人と集団意識の気づきと地球がアズワンとなる可能性の種を蒔き、「一つの惑星としての人生」を生きるための実験室的なものなのです。

日本は、集団意識と同調性が強い国です。「出る杭は打たれる」という言葉がありますが、まさにこの文化が浸透していることを表しています。私は日本で成長するにつれ、こうした集団行動やルールに同調することに違和感を覚えるようになり、高校時代までには小さな反抗期を迎えていました。しかし、幸運なことに、17歳のときに渡米する機会を得ることができました。米国では、自分にとってあまり意味のないものに同調する必要がなく、より自由になれると思ったのです。その後30年間、私はほとんど「檻のない」生活を送り、他人や社会からの抵抗を受けずに、自分が最もインスピレーションを受け、喜び、楽しいと感じるところに自由に流れ込むことができました。

日本はまだケージフリーで生きるには簡単な場所ではないことは確かです。しかし、お互いを尊重し、物を大切にし、親切にし、安全で清潔にする、などなど、この国にいるからこそ学べる良い価値観がたくさんあることも知っています。日本で子供たちを育てることはオプションであると私は理解しています。でも、今のところ、アズワンは、私自身と子どもたちの成長を確実に意図的に実感できるコミュニティで、家庭教育的な環境と、決まったカリキュラムのない少人数のグループで学び、成長することができます。なぜなら、「しなければならないこと」や「すべきこと」、「要求」がない方が、子どもたちは自分たちの視点で、学びたいことを、学びたいときに、より自由に学ぶことができると思うからです。

私は来月、このコミュニティで開催される1週間のセミナーやワークショップに参加する予定です。これからも学び、自分を発見し、コミュニティともっとつながることを楽しみにしています。

Parallel World (パラレルワールド)

The more I know… the more I don’t know is my favorite parable. It is just so damn true! I know there are evil forces on this planet like what you see in some videos about this plandemic but I also wonder why? Why are there these evil forces being put forth thru these people?

I think it is awakening in more people how powerful we truly are; to choose and to create in our own mind and “reality” what we want in life because it really all starts from our thoughts.

Do we want to trust others’ voices or thoughts or do we want to “re-learn or re-member” to trust our own? I think through our spiritual practices, we can begin to trust our own voices more and more.

I know in my lifetime, the world will look totally different than the one I grew up in. But I need to consciously choose and create the version of the world I will want to live in. I think it will be more apparent soon people who are choosing to create their own world from the ones who aren’t and just going along with what others want them to do or be. Hence, there will be multiple parallel worlds from each person’s perspective.

Choosing and creating consciously is definitely not an easy task and just with anything, we have to train our muscle for it by being conscious and noticing our thought and behavioral patterns and aim to redirect them.

Let’s learn to trust our gut and stop blaming others for the choices you have made. No one is forcing you to do or be anything, you’re choosing it yourself.


「知れば知るほど無知になる」は、私の好きなことわざです。本当にその通りだと思います。この地球上に邪悪な力があることは知っています。このパンデミックについて、いくつかのビデオで見たように。なぜ、このような邪悪な力がこれらの人々を通して表現されているのでしょうか?

それは、私たちがいかに強力な存在であるかということ、つまり、人生において自分が望むものを選択し、自分の心と「現実」の中に創造することができるということを、より多くの人々に目覚めさせているからだと思います。

他人の声や考えを信じるのか、それとも自分自身を信じることを「学び直す、覚え直す」のか。スピリチュアルな修行を通じて、私たちは自分の声をもっともっと信頼できるようになると思います。

私が生きている間に、世界は私が育った世界とはまったく違う姿になることは分かっています。でも、自分が生きたいと思うバージョンの世界を意識的に選び、創造していく必要があるのです。自分の世界を作ることを選択している人と、そうでなく、ただ他人が望むことやなりたい姿に従う人とでは、すぐに明らかになると思います。ですのでこうして何種類もの並行世界(パラレルワールド)が少なくとも個人的な観点から見れば存在して行くことになります。

自分で自分の生きたいバージョンの世界をつくりだすことは決して簡単なことではない。何でもそうですが、意識して自分の思考や行動パターンに気づき、それを方向転換することを目指すことで、その「筋肉」を鍛えていかなければなりません。

自分の直感を信じることを学び、自分がした選択による結果を他人のせいにするのはやめましょう。誰もあなたに何かを強制しているわけではなく、実際あなた自身がそれをいつも選択しているのです。

『血縁を超える自給自足の大家族』を読んで(Review of a Japanese Book “A Large Self-Sufficient Family That Transcends Blood Relations”)

木の花ファミリーはまさに自分が長いあいだ探し求めていたユートピアようの世界だな、というのが初めの印象。

今現在、人類がいろんな理由で分離化され、自然からも隔て続けてきた世代のクライマックスを迎えようとしていることが手にとって見え、感じられる。

悲しい、そして絶望感が反面、これが肥料となって美しいロータスの花のような世界が生まれる可能性が芽生え出してきているのも楽観的な自分の中では感じられる。

人類は宇宙に存在、依存し、そして宇宙は一人一人の中に存在する。

人々は自然の一部であり、自然が助け合い、循環しながら存在するのと同じく、人間も依存、共同し、協力し合わずに生きられない。

経済先進国である日本。それなのに孤独感、うつ、自殺の王国と言われながら多くの人々は苦しんでいる。

先進国であるが故になおかつ物質社会に焦点が置かれ、精神的な矛盾、すれ違いなどを物質的、一時的な解放で解決しようとし、その矛盾、無循環が持続できない状態になってきている。

木の花ファミリーはこの日本で、そして日本を代表する美しい富士山の麓で集団、共同生活を1994年から始めた。

農民として集まった小さなコミュニティは現在では100人近くで炭素循環農法を基盤にした有機農業を中心に共同生活をしている。農地は近所の荒廃して使わなくなってしまった場所を借りて耕している。

木の花ファミリーが私の少なからず知る限るで他に存在するエコビレッジやインテンショナル、スピリチュアルコミュニティと違う決定的なことは毎晩行われる家族ミーティング。

この場で日々の行事、仕事等の打ち合わせをし、その共同生活のなかでの出来事から産まれ出す心の歪みや汚れをみんなで愛を注ぎ、励ましあいながら向かい合い、解決していく。秘密ごとや上下関係のない環境でメンバーたちはお互いに心を開き少しずつ磨き上げて行く。

私の中ではまさにこれぞ私たちが毎日試みるべき修行なのではないか思う。

自分自身も家族や周辺とのコミュニケーションの大切さと難しさを毎日しみじみ感じ生活している。

その難しさの一番の原因はまず自分が自分にどのように話しかけているか、が大きい。

それに一日でも早く気づいて肯定的に常時変えていくことにより人とのコミュニケーションも愛情の泉から行うことができるのではないかな。

心を磨くということはまずそこから、自分からはじまるのではないかと思う。

木の花ファミリーはいろいろな手段を日々の生活に取り入れながら自己の内観と魂の成長を基盤に共同生活を行っている。

木の花ファミリーのようなコンセプトはここ10-15年かなり注目されてきたけれど、これからこのモデルコミュニティはもっともっと猛スピードで世界に飛躍して行くことだろう。

自分もその活動に何らかの形で貢献し、関わりたいというのが現在の最大の希望だ。


My first impression was that the Konohana family is exactly the kind of utopian world I’ve been looking for for a long time.

I can see and feel that we are now approaching the climax of a generation that has been defined by separation from one another and isolation from nature for various reasons.

On the one hand, I feel sadness and despair, but on the other hand, my optimistic self can also sense the possibility that this will become fertilizer for the birth of a world like the beautiful lotus flower.

Humanity exists in and depends on the universe, and the universe exists in each and every one of us.

People are a part of nature, and just as nature exists in a cycle of mutual help, humans cannot live without dependence, cooperation, and collaboration with each other and with nature. 

Japan is an economically advanced country. Yet, many people are suffering from loneliness, depression, and suicide.

Because Japan is an advanced country, the focus is still on the material society, and the contradictions and differences in spirit, or “Cognitive Dissonance”, are being solved by material and temporary liberation, and it is gradually becoming unsustainable.

In 1994, the Konohana family began living together as a group in Japan, at the foot of the beautiful Mt. Fuji. 

The small community that came together as farmers now consists of nearly 100 people living together, focusing on organic farming based on carbon cycle agriculture. The farmland is rented from a neighboring property that has fallen into disrepair and is no longer in use.

What sets the Konohana family apart from other ecovillages, intentional and spiritual communities that I know of, to a lesser extent, is the nightly family meeting.

In this meeting, they discuss daily events, work, etc., and face and solve the mental distortions and conflicts that arise from the events of their life together with love and encouragement.

In an environment where there are no secrets and no hierarchy, the members open up to each other and gradually refine their skills.

In my mind, this is exactly the kind of discipline we should be practicing every day. 

I myself feel the importance and difficulty of communication with my family and people around me every day.

The main cause of this difficulty is how we talk to ourselves within.

I believe that if we become aware of this as soon as possible and start the process of making positive changes in ourselves, we will be able to communicate with others from a place of love.

I believe that improving and cleaning our mind starts from there, within ourselves.

In the Konohana family, people live together based on self introspection and soul growth while incorporating various methods in their daily lives.

Concepts such as the Konohana family have been attracting a lot of attention in the past 10-15 years, but I think this model community is going to take off at a much faster pace around the world.

My biggest hope is that I will be able to contribute and be a part of it in some way.

Getting out of the matrix

Last week, there was a huge fire in a business building, minutes from where I live.


25 people died. 


The man who allegedly started the fire was one of the patients of this mental health clinic, where the patients were working on merging back into the society. (Or the Matrix)


Humanity is going through a metamorphosis (like a caterpillar turning into a butterfly) and I believe this incident was a perfect symbol of what is currently happening. 


Caterpillars can not exist as caterpillars forever. 


They have to first come out of their bodies and transform themselves into beautiful butterflies. 


I grew up in Japan in the 70’s and 80’s where the Matrix was getting ingrained in our lives deeper and deeper. 


It was peaceful enough but I felt a strong calling to leave the society and move to the US where it appeared much more free and people did not seem to expect you to conform and be a certain way. 


I was right. Or at the least, I did not feel the pressure to get a degree, or work for a big company (both of which I did end up doing because I wanted to and not because of some external pressure from others, i.e., my parents).


In a way, when I left Japan, I started my metamorphosis and turned into a butterfly. 


30 years later, I came back to Japan during the plandemic and there was no way that I was going back to the Matrix as a caterpillar. 


Transformational process is not easy. 


But the alternative is much harder and that is becoming more and more apparent now in this new world. 


I truly believe now that these young people who perished in the fire had decided to take the Red Pill. 


And they have now started their transformation.
Their death had meaning. 


It all starts from a decision. 


Then, question everything including your own beliefs. 


And then, see where it takes you. 


p.s. I was inspired to write this blog after I watched Matrix Resurrections and then listened to Ralph Smart this morning https://youtu.be/0xQ_OTilgEM.



マトリックス脱出へ


先週、私の住む大阪の数分の繁華街でビルの火事が起こった。


25人が他界した。


放火したと疑われる男性はそのメンタルクリニックの患者。


そして死亡した多くの方々も社会(マトリックス)に復帰を望んでそこへカウンセリングに来ていた。


人類は今、芋虫が鞘の中で蝶々に変身するような、変態時期を迎えている。


そしてこの火事はまさにそのことを象徴する出来事のように思える。


芋虫は生涯芋虫でいることはできない。


鞘の中で美しい蝶々になるため、体から抜け出さなければならない。


自分は1970年と80年代に日本で育ち、マトリックスの世界にどんどん巻き込まれて行くのを感じていた。


平和で不満も特になかったけれど、自由王国アメリカへの憧れが強く、ありがたいことに高二で移住する機会に恵まれる。


自分の決断は間違ってはいなかった。


アメリカでの暮らしはもちろん楽ではなかったけれど親や社会からの圧力はあまり感じられなかった。


大学と大学院へも行き、大企業で働いたけれど、それは自分がやりたかったから。


外からのプレッシャーのせいではなかった。


日本を離れた当時、自分の変態、成長時期が始まり、アメリカの広大な地で蝶々へと変身した。


30年後の今年、日本へ帰省したけれど、芋虫に返ってマトリックスの世界へまた戻る気は一つもない。


トランスフォーメーション(変態、変身のプロセス)は決してカンタンではない。


でも今の社会に反映するように、変身、成長していかないでいる方が厳しい。


私の思いですが、火事で亡くなった25人はもうレッドピル(マトリックス映画の)を飲もうと決めた人たちで

その人たちのトランスフォーメーションは開始し始めた。


決して無意味な死ではなかったと思う。


全て決断から始まる。


それから全ての概念に問いかける。


もちろん自分の考えや信念も。


そしてどこへたどり着くのかな。


P.S. このブログはマトリックス4を最近観て、ラルフスマートの動画を今朝観て書くインスピレーションが湧いた。

CHOOSE OUT OF LOVE (愛の選択肢)

What does it mean to choose or to have a choice? 


In recent time, It is pretty obvious that we are more than our body and mind. 
We are spirit or soul “being” humans in a material world. 


So who is it that is actually doing the choosing????
I think the answer is, the “I” or the soul who is being human.


The soul chose to be human at this time and space.
The soul chooses to die when it is time.


Our soul is what we call god or source and it is love. 
All it wants to do is to love because it is love. 
Therefore, when we choose out of love, it feels good because we are in alignment with who we truly are.


We make thousands of choices every single day. 
Are we choosing out of love?


If we want to create the world that we wish to live in, then choose out of love. 


It works every single time. I promise. 


愛の選択肢


選ぶとか選択肢がある、とはどういう事だろう?


最近では私たち人間が心身と精神以上の何かであることが明らかになっている。
わたしたち本質はスピリットとかソウル(魂)で人間として物質的な世界で存在している。


実際のところ選択しているのはだれか?
答えはこのソウルの私、人になっているソウル。


ソウルがこの今とこの場所でこの人になろうと選択した。
ソウルがいずれ人として死を迎えようといつか選択する。


ソウルがわたしたちの言う”神”や”ソース”であり、愛である。
ソウルの目的は愛すること、それはまさにそれ自身が愛だからそれしかできない。
だから愛に基づいた選択をすると気持ちがいい。それは本質の自分と同調しているから。


わたしたちは毎日生活の中で何千回も選択をしている。
愛に基づいて選択しているか?


自分たちが本当に体験したい未来を創り出そうと思うなら愛に基づいて選択すべき。


こうすれば全てうまくいく。約束します。

Sam’s Home Bakery (サムズホームベーカリー)

In the last several years, I have been asking this question repeatedly;


“If I have a gazillion dollars and I don’t ever have to work for money, what would I want to do?” 


My opening the business of Health and Wellness offering acupuncture and yoga was definitely born out of this same question. 


Not because I had gazillion dollars but because I had another job, which was giving me enough to live comfortably (the flight attendant thing) so I didn’t need the business to be existing solely to make money. Nonetheless, the business had its cost in just existing and operating so we had to charge people and make it grow so it can cover not only the cost but resources to grow and expand, which in turn helped more people and we were able to pay ourselves and I was able to eventually retire from the flight attendant job. 

I like being in this place where I can offer services or goods because I’d like to enjoy life and nourish myself, my family, friends and more, and not because it’s a necessity for survival. It certainly takes some time to initially get to that place but I believe it is definitely more sustainable and encourages personal enrichment, connection and growth.


Sam’s Home Bakery is my brand new business. This time, I am not at an establishment but at home and not marketing my business aside from the simple “word of month”. I am only making sourdough bread because that is what I like and it is very simple yet versatile. Sourdough bread has been around thousands of years in Europe and it is considered “health food” as it requires a long fermentation period, which produces lactobacillus and acetic acid. These good bacteria helps with digestion of food and absorption of nutrients, and help keep blood sugar levels stable. Apparently, I like old traditional things (like acupuncture, yoga, and traditional fermented foods) because I believe they have been around for that many years for very good reasons and they’re not going to disappear anytime soon. I like learning and experiencing the value of slowness (fast food, fast medicine vs slow food and slow medicine).


After all, why are we in such a hurry all the time, anyway? 


I named my sourdough seed or starter “Sambear” as she was my favorite pet that I ever had the pleasure of taking care of. Sourdough starter is like taking care of your pet or plants because it takes constant feeding, love and attention. Until I recently started getting into the making of sourdough, I did not realize how much energy and time it takes to make a very good loaf of sourdough bread. No wonder, most commercialized bakeries do not offer it and that is true here in Japan as well as in the U.S.


Sourdough making is not easy. It takes about 10-14 days to cultivate a good starter (just by combining flour and water and keep feeding it daily or twice a day) then once you have a good starter, it takes at least 2 nights preparation to bake a loaf on the 3rd morning. It also varies depending on where you are esp. the temperature, seasons, climate and your daily schedule as you just have to learn to work around other activities during the day.

I’m not sure how long I will keep Sam’s Bakery going or where it will take me. But that does not matter. 


What matters most is that this tiny home business will help us feel connected, nourished, inspired and satisfied in our bellies as well as in our hearts.




何年か前から自分に問いかけ続けてる質問がある。


『もし自分に一生で使い切れないような大金があり、お金の為に働かなくてもよいのであれば、何をしたい??』


鍼灸院とヨガスタジオを開業した時はそこまで余裕はないにしろ、キャビンアテンダントの仕事で生活に不自由はまずなかったので『やりたい』から出来た。最初はビジネスで食べ暮らしていかなくてもやはり開業資金のローンや学生ローンも返せなければならない。それから事業を拡大するための資金、そうすればもっと多くの人々がが利用できるようにという思いでいると、自分やスタッフの給料もきちんと収益で払えるようになり、エアラインからもいずれ退職することができた。


このやらなければ生きていけないからやる仕事ではなく人生を楽しみ、家族や友達を養い、その周りの人たちに喜びを分かち合えるのが目的、そのプラスでお金が少しずつでも入ってこれば、それが一番理想な仕事じゃないかなと感じる。この場所に行きつくのは少し時間がかかるかもしれない、でもこの方がずっとゆっくりでも長く続けられるし、個人的に豊かになり、人との繋がりと成長の原料になると思う。


サムズホームベーカリーが最新のビジネス。今回は場所は家、そして公表手段は口コミだけ。私の大好きなサワドウパンだけ、というのもこのカタイ、酸味のある天然酵母のパンばシンプル、でも活用幅がとても広い。サワドウパンはヨーロッパでは何千年もの歴史があり、長い発酵でヨーグルトなどに含まれている乳酸菌とビネガーなどの酢酸菌が生まれ出す。このプロバイオティックの効果には消化を促進、栄養吸湿や血糖値を安定させる役割などがある。どうやら自分は伝統的なもの(鍼灸、ヨガや古代の食品)に興味があるらしい。なぜならそれらは時代を超えて生き続けたそれなりの価値があり、これからもそう簡単には消えないから。自分はゆっくり時間をかけてすること、できる物に他ならない価値を感じる。ファーストフードや即座に症状に蓋をする薬より、時間をかけてでも生活習慣などで病気を防いで行く方が納得が行く。


それにしてもなぜ私たちはそんなに慌てて急いで生きているんだろう?


サワドウパンの”タネ”、イーストやその他の菌が含まれ、パンを美味しく膨らませるスターターを”サム”と呼ぶことにした。何故なら、そのスターターは2年ほど前まで10年間飼って育てていた大好きな犬のサムのように毎日愛を注ぎ、ケアをしなければならない。最近自分でサワドウを作り始めてようやくこのパン一つを作り上げるのにどれだけエネルギーと時間を費やすものかというのが理解できた。アメリカでも日本でもほとんどの市場ベーカリーでは作らない理由が分かった気がする。


サワドウパン作りは簡単ではない。満足できるスターターを作るのにも10日から14日はかかる(基本、小麦粉と水を混ぜるだけ、でも毎日一回小麦粉と水を足して『エサ』をあげ、1週間後には活発になってくるので一日2回はエサあげをする)。スターターができても、それから生地を焼くまでに二晩は最低でもかかる。3日目の朝にオーブンに入れて焼くので一時間、それから2−3時間冷ませてから食べるのが一番好ましい。住む場所の空気、天気、気温や湿度も全て出来上がりに影響してくるので時間の調整は自分でまず実験して、自分の他のスケジュールに合うようにやっていく。


サムズホームベーカリーはどれくらい続けられるか、どういう形に変わっていくか見当もつかない。でもそれはどうでもいい。


大切なことはこのパンで周りの人たちとのつながりが広がって深くなっていき、お腹も満腹、そして心身ともハッピーな気分になれることだ。


We Can Be and Do Anything We want (なりたい人、やりたい事が必ずできる)

When we ask our children, “What do you want to be when you grow up?” That is truly a loaded question. Why is it that we often assume that they must have desire to BE someone other than themselves? Can “being” just about being who they really are, which is loving, kind, energetic, fun, and powerful?


Being is so mixed up with our identity of “do-er”, which highlights the action you’re taking. Have you heard the saying, “HOW you do anything is HOW you do EVERYTHING”? If you’re a kind person, you’re kind when you’re doing the dishes, talking to someone, walking the dog, or driving.


In other words, what we really want to be is to focus on the intention of HOW you want to be, and then, what you DO really doesn’t matter. Because when it’s all said and done, all that matters is HOW you are when you’re doing what you’re doing, and how you make OTHERS FEEL, and what YOU FEEL that we remember the most. What you DO is really for the audience and labeling but HOW you do what you do reflects on who you truly are as a human BEING.


Over almost half a century that I have lived, I actively and consciously did many many “things”. I swam, I played music, learned, competed, went to school, leaned some more, became a “waiter”, “trainer”, “flight attender” “counselor”, “healer”, “teacher”, “yogi/meditator”, “entrepreneur”, “mother”, and most recently, a ”pottery maker”, and “baker”. Some of the things I did, I made money doing it, some I didn’t. But my point is, you can do anything you want and be who you want to be while doing it.


The best part about this is that there is no limit to all of this. If there is limit, it is mostly self-induced.


Life is truly about experiencing each moment of “intentionally being while doing” whatever and that is all there is to it.




子供達に『大きくなったら何になりたい?』って聞くって重い質問だと思う。なんで私たちは『誰か』にならないといけないと思うのだろう?そのまんまの自分ではダメなのか?私たちはみんな生まれるときは愛おしく、元気でパワフル、そして楽しい生き物だったのでは?


誰か、何かになるってことは何をするってこと(アクション、活動)と混乱してる。


『どんなふう』にあることをするということは全ての行動に反映されるという意味がわかりますか?例えば子供に対して優しい人というのは、動物に対しても、植物に対しても、食器を洗ってるときも、相手が何者であろうが何事であろうがその人の風柄はそれほど変わるものではない。


変えて言うと、自分が何事をしていてもこんなふうになりたいという意思にもっと集中するべきで、実際何をするかはそれほど重要ではない。最終的には自分自身や周りの人間が一番印象に残るものは自分自身の態度や風柄によって相手にどんな感情をもたらしたかという事だけで、どんな活動をしていたかは外側のラベル(社長、医者、アーティスト等)で紙面上少しのあいだ残るだけです。


わたし自身も半世紀近く生きてきた中でいろんな事をしてきた。泳いだし、ピアノを引いたし、聴いたし、競争したし、いろんな学校に行って習ったり、自分で習ったり、レストランのウェイターにもなり、トレーナー、キャビンアテンダント、カウンセラー、ヒーラー、鍼灸師、先生、ヨギ・瞑想者、起業家、母親、そしてつい最近では陶芸家、そしてベーカー(パン焼き職人)にもなってみた。お金をもらうこともやったり、そうでないこともやった。


私たちはやりたい事ができるし、なりたい人になれる。それに限りはない。限りがあるとしたら自分がなんらかの形で作っている。結局、人生とは色々な人間や物事との関係からもたらす経験。


やること自体が主役ではなく、どんなに意図的に自分がなりたい人柄、風柄でそれをやっているかということが一番重要なのではないか、と最近つくづく思っている。

Present Moment 「いま」を追求する

It has been 2 weeks since I have written a blog. I have intended to write last week but no inspiration came. My initial intention was to write one blog or more a week and post at least one weekly. I hate to break my intention or set goal but I simply did not feel inspired to write about anything. I am feeling a bit more inspired to write about something now. I left the title blank at first since I just wanted to “doodle” and see what would come thru.

I think what I have been contemplating the most in the last few weeks is about present moment. It’s ironic and interesting that present moment is called “present” because it is truly a gift. Every moment is a gift. My mantra has been “this is it, this is all I have, right now”. When this moment passes it becomes a past. I look up what the word “past” means and it says “having existed in a time before the present : from, done, or used in an earlier time. —used to refer to a time that has gone by recently. —used to say what someone or something was in the past“. Then I looked up the word existence and time and started going down the rabbit hole. But is past really done and behind us?

It is funny, we are mostly always thinking about either past or future. Why is it that we don’t want to embrace the present right in front of us? What are we afraid of in the present moment? I get that we may be afraid of repeating the mistakes from the past or of endless possibilities or lack thereof that exists (in the mind) in the future. When I look at my two toddler children, they remind me that we were once not at all afraid to be in the present moment. They are the experts at being in the present moment.

When we can all learn to be back in the present moment, all suffering seems to stop. Just like babies and toddlers, people who have decreasing amounts of memories like those with dementia, seem to suffer much less. I think we’re afraid of being in the present mostly because of the thoughts that arise, which tend to be painful and negative, which we tend to cling to. We pick up the phone, eat, drink, or do something that would distract ourselves from the feelings we get from thinking those thoughts. I know I catch myself doing one or more of those things myself time to time.

I like words like “surrender” and “acceptance”. In a way, those two words are like each side of a coin. Being in the present moment requires that we surrender the past and accept what may come in the future. The only caviar is that we need to remind ourselves to do this moment to moment, when we catch ourselves wanting to escape from our present thoughts. Only then we can be free from suffering or regret and enjoy the true gift of the present moment. This truly is and will always be my biggest mission in life.


最後にブログを書いて2週間経つ。先週書こうとしたけど、インスピレーションがこなかった。始めは週一くらいのペースで書いてポストする予定だったのだが、インスピレーションなしではこういうブログは無理して書けない。今日少しインスピレーションを感じたのでとにかくお遊びのように書き始めることにした。タイトルも課題もまだ明確ではない。

最近よく考えていることは「現在」、もっと正確に言うと、「今のこの瞬間」。日本語ではそうではないが、英語で現在のことを「プレゼント」と言うだけあり、この瞬間、毎瞬間はまさに贈り物であるという意味を兼ねている。この瞬間が過ぎると過去になる。ネットで「過去」の意味を調べてみた。「現在の前の時間に存在した、〜から、終わった、前に使ったこと/もの。」それから「時間」と「存在」の意味まで調べ始めたらどんどん深い溝に吸い込まれそうになった。しかし、過去は本当に終わって、もう存在しないものなのでしょうか?

私たち人間って面白いことに常に過去か未来のことを考えている。じゃあなぜ目の前にある「いま」を抱擁したくないのか?昔の失敗を繰り返したくない、又は未来の可能性か、可能性のなさを(頭で考える) 恐れるのはわかる。でも自分の1歳半の子供を見てると思う。私たちも一度は「いま」を恐れてはいなかったころがあった。子供は今の瞬間と上手に向き合うエキスパートだ。

私たちは「いま」と向き合うことをまた思い出すことによって苦しみや悩みを停止することができる。小さな子供たちと同じく、記憶をだんだん失っていく認知症をもつ人たちは苦しみや悩みも同じように失っていってるような気がする。私たちが「いま」を恐れる理由に自分の思考を恐れている、それは大抵ネガティブ、否定的であり、そしてそういう思考は頭から消去しにくい。その時知らずにほぼ無意識で携帯を見たり、食べたり飲んだりで自分を紛らわせるのもそういった思考がもたらす感情に恐れ、自己嫌悪に陥っているからだと思う。自分もそれをしていることに気づくことが時々ある。

私が最近好きな言葉に「surrender 降参」それと「acceptance 受け入れ」がある。この二つの言葉はある意味では同じコインの裏表であると言える。「いま」と向き合うことは過去に降参し、未来を受け入れることによって可能になる。これは簡単なことでは決してない。その瞬間瞬間で自分に向き合って、一体なぜ自分はこの行動、発言をしようとしているのかを追跡する。その理由に降参またはそれをすべて受け入れる(納得するかしないかは別にして)ことによって私たちは悩みや後悔から解放され、その時初めて「いま」と上手に向き合うことが可能になる。これこそが現在そしてこれから先の最大の人生の課題だ。

Day 1 at Day Care

I came home to a quiet house and I realized I didn’t have to whisper to Victor. Kids were not home or taking a nap. Just a little while ago, we dropped the kiddos off at a day care center for the very first time. This is a huge milestone for us and it deserved to be written about here in my diary blog.

Our twins have been the very center of our lives for the past 19 plus months every single moment of every single day. Our lives have changed drastically is an understatement. Many of us experience parenthood and it is very special to all of us in one way or another. For us, it was important that we raised them with extended family, so we have literally picked up and left the country and moved to another to be closer to my family. These kids have brought so much joy to all of our lives that are involved, since the moment they made their appearance. I feel overwhelmed with so much appreciation and joy everyday, words can’t begin to describe these emotions.

Parenthood is a strange thing for me. I knew that I was the one who would grow and expand as a spiritual human being from this experience and so far, it’s definitely exceeding my expectations. I know these kids came with their own agenda and expectations also and when mixing it up with the environment they’re in, they’re shaping their own set of personalities or karma. Karma is an interesting concept – I am currently reading a book about it written by Sadhguru, more on that at a later time.

Well, Day 1 came and went. They didn’t cry when we dropped them off and seemed happy and excited to see us back when we picked them up merely 3 hours later. They seem to handle new people and places really well because we have already exposed them to a lot of people and taken them to so many different places from the very beginning of their short lives. It is time for us to start getting used to not having them around all the time and figuring out what’s next to do.

I am definitely getting really excited about the new possibilities.

静かな家に帰って来た。ビクターと話す時小声で話さずでいいことに気づく。子供たちが家にいるわけでもなく、お昼寝をしているわけでもない。少し前、子供を初めて保育所に送って行った。これは重要な出来事、マイルストーンであることを認識。ブログに書くべきことである。

生まれて19ヶ月半、毎分毎秒双子が私たちの生活の中心軸だった。生活が劇的に変化したと言うだけでは言い足らない。いつも私達に一番大切だったのはこの子供達を家族と共同で育てていきたいと言う想い。その強い想いを実現させるため、アメリカという”母国”を離れ、私の家族の住む日本へ移住した。この子供達は生まれたその瞬間から私たちと自分の周りの関わっている人達に果てしもない喜びを与えてくれた。言葉では表せないほどの感謝の気持ちで溢れている。

親になることは自分にとっては少し異変な事だと思う。はじめからこの経験は自分の人間としての精神的、そしてスピリチュアル面の成長、膨張のためになるとは思っていた。そしてもうすでにその期待を上回る経験をしてきたように思う。この子供達だけではなく、全ての子供達に一概して言えるのは彼ら自身、それぞれの課題や期待を持って生まれ、それを環境と掛け合わせる事によって様々な個性的な性格や『カルマ』を形成して行く。カルマというのは面白いコンセプトだ。今この事についてサグル作の本を読んでいるのでいづれまたの機械でシェアできたらと思う。

保育所デビュー第1日目が終わる。二人とも送って行った時も迎えに行った時もたいして泣くこともなく、迎えに行った時はとても嬉しそうな顔をしていた。生まれた時点からいろんな人と触れ合い、いろんな場所を訪れた二人は新しい人や場所に恐れや違和感をもうあまり感じることもないらしい。今度は自分たちが彼らが身近にいない時間をどう過ごすか、がこれからの課題だ。

わたしはこの次の章の新しい可能性にワクワクし始めている。

Grocery Shopping is FUN (食料ショッピングは楽しい)

I LOVE Grocery Shopping in Japan. In the last several weeks, I have checked out 9-10 stores in the neighborhood, all of which located within a short walking or biking distance. I have not been to a big grocery chain like Aeon yet, but I have not needed to as everything I need is pretty much available in most small to medium size local stores. Each store seems to have slightly different selections and pricing. But overall, fresh produce, eggs and fish are much less expensive than what I was used to in the US. Coming from Hawaii most recently, everything is at least 50% or less than what I was paying in Honolulu.

私は以前からですがスーパーで食材を買い物するのが大好きです。この4-6週間、歩いていけるか自転車で数分の距離のスーパーを9−10件廻りました。イオンなどの大きなチェーンストアに行く必要もなく、全て必要なものを小中サイズのストアで補うことが出来る。それぞれのスーパーで違う種類、価格の物に出会いますが、一概にして言えることはアメリカの都会にあるスーパーに比べるとと、野菜、卵に魚は断然安め、最近特に食費のかかるハワイ州ホノルルから来たのでこちらで買い物するとおよそ半分は節約してる感じがします。

These fresh bento with fish, veggies and rice for $4each! (この美味しそうなお弁当が398円!)

Most grocery stores offer fresh sushi and bento (lunch box) choices that are so delicious, nutritious and inexpensive that if I was living by myself, I would be very tempted to indulge in most everyday.

ほとんどの街のスーパーは新鮮な寿司や、安くて美味しい、そして栄養たっぷりのお弁当があり、一人暮らしするなら毎日調理の必要もないくらいです。

Convenient stores are literally everywhere! (日本はコンビニ帝国というくらいどこにでもある)

Convenient stores offer many choices for bentos, noodles, salads, breads, and beverages along with some fresh produce, and all the little amenities you may just need at 6 am or even midnight as most of them are open 24/7. According to Google Map, there are 30 plus 7-elevens, 30 plus FamilyMarts and 20 plus Lawsons in the 1 mile radius of our home😳 That means there is a convenient store or two located on the corners of each block facing main roads. Talk about convenience!

コンビニスーパーも品揃えは素晴らしく、弁当、麺類、サラダ、パン、飲料が豊富にあり、その上日常品も揃っているのでたとえ朝6時や夜中の12時でも必要なものは24時間営業のコンビニに行けばまかなう。グーグルマップで調べたところ、この付近1.5キロ周辺でセブンイレブンは30数軒、ファミリーマートも30軒以上、そしてローソンは20数軒もある。ということは大きめの道路沿いには1ブロックに一軒か二軒は存在してるということ。コンビニは本当にコンビニエンス(便利)だ。

Sweets like Jewelry Museum in Department Stores (デパートのスイーツ売り場は宝石の美術館のよう)

The real fun is had when you go to department stores. Most major department stores in the city have their “specialty food vendors” in the basement floors. I love going to the floor with different sweets and desserts. Cakes, candies, cookies, crackers, ice cream, pies, jellos, gummies, Japanese sweets and many others that look way too pretty to eat and a bit pricy are all there. I’d say these are mostly purchased as gifts for when you visit someone, special occasions like birthdays or anniversaries, or maybe when you want to thank someone for something or doing a favor. When you walk thru these isles and look at their displays, it feels like you’re walking through an art or jewelry museum. This is definitely a must-experience while you’re in Japan.

デパートの食品売り場は最高に楽しい。大きな街にあるデパートはだいたいブランドネームなどのスペシャルティ店が地下一階か2階にある。自分はスイーツのある食品売り場が大好きだ。ケーキ、キャンディー、クッキー、おかき、アイス、パイ、ジェロー、ガミー、和菓子、その他食べるには可愛くて美しすぎ、そして少し高めのものが山ほどある。ほとんどはギフト用:誕生日、記念日、特別な何かの理由、謝礼、人の家にお呼ばれした時など理由は何であれこういうところでは必ず何かを見つけられるはず。この売り場を歩いていると、美術館を歩いてるような気分になる。日本に来たら一度は経験すべきの場所だ。