We Can Be and Do Anything We want (なりたい人、やりたい事が必ずできる)

When we ask our children, “What do you want to be when you grow up?” That is truly a loaded question. Why is it that we often assume that they must have desire to BE someone other than themselves? Can “being” just about being who they really are, which is loving, kind, energetic, fun, and powerful?


Being is so mixed up with our identity of “do-er”, which highlights the action you’re taking. Have you heard the saying, “HOW you do anything is HOW you do EVERYTHING”? If you’re a kind person, you’re kind when you’re doing the dishes, talking to someone, walking the dog, or driving.


In other words, what we really want to be is to focus on the intention of HOW you want to be, and then, what you DO really doesn’t matter. Because when it’s all said and done, all that matters is HOW you are when you’re doing what you’re doing, and how you make OTHERS FEEL, and what YOU FEEL that we remember the most. What you DO is really for the audience and labeling but HOW you do what you do reflects on who you truly are as a human BEING.


Over almost half a century that I have lived, I actively and consciously did many many “things”. I swam, I played music, learned, competed, went to school, leaned some more, became a “waiter”, “trainer”, “flight attender” “counselor”, “healer”, “teacher”, “yogi/meditator”, “entrepreneur”, “mother”, and most recently, a ”pottery maker”, and “baker”. Some of the things I did, I made money doing it, some I didn’t. But my point is, you can do anything you want and be who you want to be while doing it.


The best part about this is that there is no limit to all of this. If there is limit, it is mostly self-induced.


Life is truly about experiencing each moment of “intentionally being while doing” whatever and that is all there is to it.




子供達に『大きくなったら何になりたい?』って聞くって重い質問だと思う。なんで私たちは『誰か』にならないといけないと思うのだろう?そのまんまの自分ではダメなのか?私たちはみんな生まれるときは愛おしく、元気でパワフル、そして楽しい生き物だったのでは?


誰か、何かになるってことは何をするってこと(アクション、活動)と混乱してる。


『どんなふう』にあることをするということは全ての行動に反映されるという意味がわかりますか?例えば子供に対して優しい人というのは、動物に対しても、植物に対しても、食器を洗ってるときも、相手が何者であろうが何事であろうがその人の風柄はそれほど変わるものではない。


変えて言うと、自分が何事をしていてもこんなふうになりたいという意思にもっと集中するべきで、実際何をするかはそれほど重要ではない。最終的には自分自身や周りの人間が一番印象に残るものは自分自身の態度や風柄によって相手にどんな感情をもたらしたかという事だけで、どんな活動をしていたかは外側のラベル(社長、医者、アーティスト等)で紙面上少しのあいだ残るだけです。


わたし自身も半世紀近く生きてきた中でいろんな事をしてきた。泳いだし、ピアノを引いたし、聴いたし、競争したし、いろんな学校に行って習ったり、自分で習ったり、レストランのウェイターにもなり、トレーナー、キャビンアテンダント、カウンセラー、ヒーラー、鍼灸師、先生、ヨギ・瞑想者、起業家、母親、そしてつい最近では陶芸家、そしてベーカー(パン焼き職人)にもなってみた。お金をもらうこともやったり、そうでないこともやった。


私たちはやりたい事ができるし、なりたい人になれる。それに限りはない。限りがあるとしたら自分がなんらかの形で作っている。結局、人生とは色々な人間や物事との関係からもたらす経験。


やること自体が主役ではなく、どんなに意図的に自分がなりたい人柄、風柄でそれをやっているかということが一番重要なのではないか、と最近つくづく思っている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s